和の美と宝石
和名から見える宝石の特徴!フローライトはなぜ「蛍石」?
「水晶」や「真珠」などを除き、宝石のほとんどは「ルビー」や「ダイヤモンド」のような英名で呼ばれるので、和名を聞いたとき、なぜそんな和名になったのか疑問に思うこともあります。 和名は大まかに、「宝石の色(見た目)」を表現しているものと、「宝石の特徴(硬さや性質)」を表現しているものに分けることができます。 例えばルビーは「紅玉」ですが、これは赤い色に由来しているので前者です。またガーネットは「柘榴石」と呼ばれますが、これはガーネットの見た目が柘榴の実に似ていることに由来します。 一方、ダイヤモンドは「金剛石」ですが、これは世界一の硬度を持つことに由来しており、後者にあたります。さらにフローライトは「蛍石」と呼ばれますが、これはフローライトの欠片を火にくべると、蛍のようにパチパチと発光するという性質に由来しています。 普段は耳慣れない宝石の和名ですが、それを知ることで、宝石の特徴もより深く理解することができます。