和の美と宝石
石言葉からみる宝石のイメージ
花に花言葉があるように、宝石にはぞれぞれ決まった「石言葉」があります。鉱物のなかで最も固く、宝石の王様といえるダイヤモンドの石言葉は「永遠の絆・純潔・永久不変」です。どんなものにも負けない、不変の強さを表しているようです。婚約、結婚指輪に使われることが多いのも、石言葉を知らなくても、こうしたダイヤモンドのイメージが共有されているからかもしれません。 有名なところではサファイアが「高潔・深い海・崇高」、ルビーは「威厳・優雅・愛の炎」、エメラルドは「安定・明晰・満足・喜び」、真珠は「純潔・健康・長寿・品格」です。それぞれ、色や輝きを思い浮かべると、納得できたり、できなかったでしょうか。身につけるときに、こうした石言葉を覚えていると、TPOに合わせたコーディネートができます。 珍しいところではゾイサイトという宝石の石言葉は「プライド・精力・子宝」です。子供を授かることを願っている人にとっては、いい宝石かもしれません。